イタチやスズメバチ、シロアリがもたらす害|業者へ依頼し即刻退治!

OL

スズメバチの害

作業員

スズメバチは夏から秋に掛けて活動が活発化するため、同時期に蜂に刺されたことでの事故が多く発生します。もしもスズメバチの巣を見かけた場合、すぐに専門の駆除業者に依頼し安全に駆除してもらいましょう。

巣を処分する

不動産

スズメバチなどの蜂は、民家などの軒下や屋根裏に巣を作ることが多くあります。スズメバチは巣に近づく生き物に襲いかかる習性があるため、すぐに駆除業者へ依頼しましょう。家につくられた巣を探しだし、適切に処分してくれます。

ストレスを与えるイタチ

イタチ

近年多くの民家に被害を与えている害獣といえば、イタチが挙げられます。イタチは、元来は山などでよく見られる生き物でしたが、自然環境の変化により、人里に下りて民家に住み着くケースが増えつつあるのです。屋根裏や軒下に住み着き、人が寝静まった夜に家屋へ忍び込み、生ごみを散らかすことや保存食を食べられるなどの害をもたらします。また、屋根裏でごそごそと動き回られることでの騒音や、尿やフンをされることでの悪臭などにより精神的なストレスを与えられることも問題となります。尿やフンは、家の建材を腐食させる原因ともなるので、長く住み着かれることで家の構造自体にも影響が与えられることとなります。イタチは一旦巣を作ると、何度追い出しても臭いを頼りに戻ってきてしまうので、駆除業者へ依頼して退治してもらう必要があります。駆除業者は捕獲したイタチを遠くの土地に放すため、二度と帰って来ることはありません。また、再び侵入されないようフェンスの設置も行ってくれるので、再びイタチの害に脅かされることはないのです。

イタチなどの害獣のほか、スズメバチやシロアリなどの害虫も問題となります。蜂は巣などに近づかなければ害をもたらされることは基本的にありませんが、最近では民家の軒下やひさしなどに巣を作られることがあるため、毎年刺される人が続出しています。シロアリは、住宅に使われている木材をエサに繁殖するので、家を支える柱を食べられることにより耐久性を著しく低下させられてしまうのです。これらの害虫を退治するには、害虫駆除を行う業者に依頼する方が賢明といえます。スズメバチなどの危険な虫も安全に駆除してもらうことができるので、自分や周辺住民が刺される事もありません。シロアリならば、薬剤の噴霧やベイト剤の利用によって、家に巣食うシロアリを徹底して駆除できるのです。

駆除による料金

シロアリ

住宅に大きな害を与えるシロアリは、素人では駆除が難しいため専門の業者に駆除を依頼する必要があります。駆除に掛かる料金はシロアリの量と家の大きさによって額が変わるので、事前に見積を出してもらいましょう。